股関節とは、初めての股関節入門

股関節とは

分かりやすく説明すると、股関節とは、股つなぐ関節です。
関節とは、「2つの骨のつながり」のことです。
股関節は、「太ももの先端の骨」と「骨盤のくぼみにある骨」のつながりになります。

そして、その2つの骨の間には、軟骨が含まれています。
この軟骨がすり減ると、骨どうしが削り合うことになり、「股関節の痛み」の症状が出てしまいます。

股関節の正常な状態って?

簡単にイメージできる方法があります。まず、左手に「じゃんけんのグー」を作ってみて下さい。そのグーが「太ももの先端の骨」の形になります。次に、右手に「じゃんけんのパー」を作ってみて下さい。そのパーをやや丸めた形が「骨盤のくぼみにある骨」になります。

さらに、右手のパーを、左手のグーで包み込んでみて下さい。その状態が、股関節がきっちりとはまっている正常な状態です。

もしくは、柔道や武道で「押忍」のポーズをするようなイメージになります。

股関節の恥骨・腸骨・座骨って?

先ほど、股関節の「骨盤のくぼみにある骨」を「じゃんけんのパーを丸めたような形」とお伝えしましたが、そのパーの形をした骨盤の骨は、実は3つの骨から形成されています。

運動や事故によって、各骨がダメージを受けると、どの骨も「太ももの先端の骨」とつながっているので、股関節自体もダメージを受けることになります。

股関節はこれを覚えれば、OK!

股関節を構成する骨や組織は、

  • 寛骨臼(かんこつきゅう)
  • 大腿骨頭(だいたいこつとう)
  • 軟骨
  • 関節唇(かんせつしん)
  • 関節包
  • 関節液、関節腔(かんせつこう)

を覚えれば、仕組みが理解できます。

寛骨臼(かんこつきゅう)

寛骨臼(かんこつきゅう)は、先ほどお伝えした骨盤側の「じゃんけんのパー」の形をした骨のことです。恥骨・腸骨・座骨から構成されています。上記のイラストを見ても分かる通り、グーの形をした大腿骨頭(だいたいこつとう) をぱかっと受ける(はめる)イメージを持って頂くと分かりやすいと思います・

大腿骨頭(だいたいこつとう)

大腿骨頭(だいたいこつとう)は、先ほどお伝えした太もも側の「じゃんけんのグー」の形をした骨のことです。股関節のバランスは、寛骨臼(かんこつきゅう)と大腿骨頭(だいたいこつとう)のバランスと言っても過言ではありません。

寛骨臼(かんこつきゅう)と大腿骨頭(だいたいこつとう)のバランスが悪いと、臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)という診断結果を受けることがあります。臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)は、レントゲン上の診断で、臨床的に問題となるようなことはありませんが、変形性股関節症の手前として、変形性股関節症の「前関節症」と言われています。

軟骨

寛骨臼(かんこつきゅう)と大腿骨頭(だいたいこつとう)は、そのままハマっているわけではありません。は寛骨臼(かんこつきゅう)と大腿骨頭(だいたいこつとう)の接地面にはクッションとなる軟骨で覆われています。

関節唇(かんせつしん)

ここからややこしくなるのですが、まず、関節唇(かんせつしん)は、骨盤側のふちにある繊維軟骨です。関節唇(かんせつしん)によって、太ももの先端の骨がより深く骨盤側のくぼみのある骨に収まることができ、股関節の安定感を増やします。

「関節のくちびる」と書く関節唇(かんせつしん)は、唇で食べ物をぱくっと収めるようなイメージです。

関節包(かんせつほう)

「関節を包む」と書く関節包(かんせつほう)は、関節液で満たされた袋になります。液というぐらいだから、柔らかなそうなジェルを想像してもらうと分かりやすいと思います。

関節包(かんせつほう)は股関節の潤滑油です。軟骨同様に、関節包(かんせつほう)のおかげで、股関節は滑らかな動きが可能になります。

関節液、関節腔(かんせつくう)

関節包(かんせつほう)の内側にあるのが、関節空(かんせつくう)になります。関節に栄養を与える滑膜(かつまく)と、関節の摩擦を軽減する滑液(かつえき)からなります。

関節包(かんせつほう)の内側にある関節空(かんせつくう)が、股関節の栄養を運んでくれます。

関節凹凸の法則

関節には「凹凸の法則」というのがあります。「一方が凸の形をしていて、他方が凸の形をしている」というものです。

股関節の場合は、凹側が寛骨臼(かんこつきゅう)、凸側が大腿骨頭(だいたいこつとう)になります。凹側を反対にひっくり返すと、凹凸がぴたっとパズルのようにはまる感じがイメージしやすいかと思います。

股関節とは多軸関節である

股関節を運動の観点からみると、股関節は…

  1. 前後方向に動かせる
  2. 開いたり閉じたりできる
  3. 太ももを内外へ向けて捻じることができる

といった、3つ以上の運動をすることができます。例えば、指の第一・第二関節であれば、曲げるか伸ばすしかできません。「曲げる」と「伸ばす」は対になっているので、「曲げる-伸ばす」で1つの運動軸とみなします。

股関節は「前後運動」「開閉運動」「内外捻じり」の3つの運動軸を持っています。3つ以上の運動軸を持った関節は多軸関節と言われています。

最後に:正しい骨格のイメージが股関節の健康を守ることに繋がる

「健康」とは「健考」である

「股関節とは?」という問いに対して、様々なイラストを使って解説してきましたが、いかがだったでしょうか?股関節のしくみをすぐに理解しなくても構いません。しかし、股関節を知っていくことで、自分の体がどのように消耗されているのか、より明確なイメージを持つことができるようになります。

そのイメージを持つことが、健康に大きな影響を与えてくれます。健康とは「健考」と言っても過言ではありません。

ぜひ、このサイトを通して、股関節に対する理解を少しずつでいいので、深めて頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です