変形性股関節症の痛みって、どんな痛み?

変形性股関節症の痛みの感じ方

1、摩耗した関節軟骨により生じた滑膜炎

股関節の関節軟骨がすり減ってしまうと、歩くときなどの運動時に衝撃を吸収する能力がいちじるしく低下します。

すると、本来なら軟骨で守られていた骨組織の一部が破壊されます。そして、破壊された骨片が関節全体を包んでいる関節内包に飛び散ります。

こうして、関節内包の滑膜という薄い膜を刺激して炎症が起こり、痛みます。

対策:炎症を治める

2、股関節内周辺の筋肉疲労によるだるさや痛み

変形性股関節症が進行すると、関節は正常な動きができなくなります。そうなると、関節周囲の筋や腱、じん帯に無理な力が加わり、それがストレスになり、筋肉の痛みを引き起こします。

対策:筋肉の痛みを引き起こす姿勢や運動をやめて、再び痛みを作らない動作を心がける

3、関節症が進行した際の軟骨下骨部層の破壊や硬化による痛み

軟骨には終末神経がないため、神経軟骨自体は痛みを感じません。

しかし、軟骨の下の部分や骨髄にかけては神経線維が伸びているので、軟骨下骨部層が刺激されることで痛みが起こります。

対策:痛みには直接アプローチできませんが、姿勢や歩行を改善することで、関節への負担を減らすことができます。

4、機械的に刺激された滑膜炎症

機械的にというのは、①加齢・代謝障害・循環障害・肥満・性ホルモンなどの機械的な影響、②荷重による機械的な負荷の2つを挙げることができます。直接的ではないけれども、何かをしたことが、滑膜炎症を煽ったことで起こる痛みです。

変形性股関節症はどこか痛むの?

1、鼠径部(そけいぶ)

歩いているときや走っているときに、鼠径部(そけいぶ)と言われる脚のつけ根の前面に痛みが出ます。

2、太ももの前面やひざの上

運動後や長く歩いたあとに、太ももの前面やひざの上に鈍痛が出ることがあります。股関節の異常とは気づかない方も多いようです。

3、腰部

変性股関節症の患者のかたは、腰の部分にも異常があるケースが多いと言われています。

4、大転子(だいてんし)

大転子(だいてんし)周辺も痛みますが、専門医であっても診断が難しいと言われています。

簡単な見分け方では、大転子(だいてんし)前面の痛みは股関節の領域、後方の痛みは坐骨神経の痛みという判断もあるようです。

股関節痛と関連痛

.
問題のある患部以外に感じられる痛みを「関連痛」と言います。股関節に異常があるときは、関節痛の箇所は「太ももの前面」と「ひざ上」と言わています。

ひざの痛みの場合も、股関節疾患を視野に入れておくと良いです。

筋トレしても痛みが治らないのはなぜ?

股関節の痛みの原因が、「痛覚」を感知する自由終末神経が刺激されて起こる場合、どんなに筋トレをしてもダメです。まずは、自由神経終末が刺激される炎症を治める必要があります。

少しでも痛みを感じたら、検診を

痛みがあると、つらいですよね。心痛というか、病院に行って、状況が分かるだけでも安心感に包まれ、痛みが和らぐような感覚を得られることもあります。

できれば、複数の病院で様々な観点から教えてもらいましょう。ぜひ、今回の記事も参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です