変形性股関節症になる原因

変形性股関節症になる二大原因

変形性股関節症の原因には「一次性」と「二次性」と呼ばれる2つに分類されています。

一次性の原因とは

・加齢…単純に年齢を重ねることによる消耗や重量からの影響
・肥満…肥満によって、無理な負担が股関節にかかった影響
・過度なスポーツ…股関節がスポーツ体験によって一気に消耗された影響
・過度な仕事による原因…仕事の内容が股関節にひどく負担をかけた影響

これといった大きな明確な理由というよりも、いろんなことが積み重ねって、変形性股関節症になります。

二次性の原因とは

・先天性股関節脱臼(だっきゅう)…出生時または生後数か月の間に、股関節が脱臼した状態
・臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)…大腿骨頭(だいたいこっとう)と寛骨臼(かんこつきゅう)がうまくはまっていない状態。
・ペルテス病…1歳半より骨成熟(大腿骨頭の成長が終了する)までの間に発症した、大腿骨頭の血行障害により生じる壊死の病気
・大腿骨頭すべり症…腿骨骨頭の骨端と呼ばれる部位が正常な位置からずれてしまう病気

つまりは、「そもそも股関節が傷つきやすい状態」か「どんどん股関節を傷つけていく状態」かで起こる

私たちは単なる日常生活を1日やり切るだけでも、股関節に大きな負担をかけています。先天的に股関節が傷つきやすい状態で、生活とともに変形性股関節症になる方もいるでしょう。

先天性はなくても、アクティブに活動しすぎたせいで、それが股関節へダメージになったかたもいると思います。

「日々の姿勢」や「日々の栄養補給」が悪いことが、変形性股関節症の一次性原因の一つになったかもしれません。ストレッチ不足だったために、疲労や負担が抜けずに、いつの間にか股関節のダメージが積み重なったのかもしれません。

そう考えると、股関節は、ある意味、寿命そのものと言えます。命と言えば、「心臓」をイメージするかもしれませんが、股関節も心臓のようなものなのです。

あなたの股関節は財産です。ぜひ、少しずつ、できる範囲で良いので、しっかりといたわってあげて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です