関節症とビタミン補給

ビタミンは膝関節に良い

何十年もの間、ビタミンは一般的に関節の健康に重要な役割を持っていると考えられてきました。ビタミンは特に膝関節に有効であることを示す研究があります。

食事にビタミンC・D・Eが不足すると、関節の健康が損なわれ、関節症の原因となります。関節症で軟骨が破壊されると、活性酵素(破壊された軟骨の軟骨細胞から産生される)が放出されます。活性酸素が残っている軟骨やそれ以外の関節の組織に酸化破壊を引き起こして、関節症が進行していきます。

ビタミンCとEが関節にもたらす役割

ビタミンCとEは、酸化防止剤としての役割を担い、コラーゲン合成や関節の健康に有益な働きを持っています。

食事でビタミンCを豊富に摂っている人は関節症の進行が遅くなることを示した研究があります。

ビタミンDが関節にもたらす役割

ビタミンDは、骨代謝に重要な役割を果たし、過度の深谷関節破壊に対する関節周囲の骨代謝を改善する可能性を持っています。ビタミンDには軟骨への直接的な有効性もあり、筋肉機能を改善し、関節をより効果的に安定させる可能性があります。ビタミンDの血中濃度が高い人や食事でビタミンDを十分に摂取している人に関する研究では、膝関節症に対する防護効果が証明されています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です