骨密度が低い人の方が、関節症になりにくい

関節症と骨密度の関係

関節症と骨密度との関係を示した研究は多く存在します。骨密度の高い人は関節症になるリスクが高く、骨密度の低い人はリスクが低くなります。

骨粗しょう症の人は関節症になりにくい

骨粗しょう症の場合は、骨が軽く、弾力性があるので、摩耗や断裂が起きる軟骨への負担が少ないためだと考えられています。

骨密度を適度にコントロールすることが、関節への負担を軽くする

相関がると、骨密度をどんどん高めるような栄養補給や運動を行うよりも、骨密度を適度に保って、股関節の負担を軽減するという方法が考えられますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です