変形性股関節症の症状4段階を覚えよう

変形性股関節症は4段階に分けられる

一般的に、変形性股関節症は、進行の程度によって、4つの段階の病気に分けられます。病期によっては、治療せずにほうっておくと後悔する可能性もあります。自分がどの病期の症状に近いのか、セルフチェックしてみましょう。

段階1:前股関節症

X線写真に変化は見られませんが、臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)などの股関節の形状の異常がある状態です。股関節の隙間が十分に保たれていて、痛みはほとんど感じません。

段階2:初期股関節症

関節軟骨が少しすり減って、表面が凸凹になっている状態です。足りない骨を補おうとして、骨棘(こつきょく)というトゲ状の骨が増えていきます。

体を動かすと多少の痛みを感じますが、しばらく休めば、痛みが治ります。もしも、股関節の痛みが定期的に現れて、休むと痛みが治る場合は、検査をして、お医者さんに自分の状態に合った適切なケアをしてもらうようにしましょう。

段階3:進行股関節症

関節軟骨が一段とすり減って、骨どうしがぶつかり合っている状態です。骨棘(こつきょく)が増えて、骨の一部が吸収されて「骨のう胞(こつのうほう)」と呼ばれる空洞ができあがってしまいます。

安静時でも強く痛んだり、就寝中に痛くて目が覚めたりします。日常生活に大きな支障が出るため、お医者さんへすぐに行った方が良いです。

段階4:末期股関節症

「末期」という言葉に重みがあるように、変形性股関節症の最終段階です。関節軟骨がほぼ失われて、股関節の隙間がなくなっている状態です。骨どうしが露出してぶつかり、股関節全体が変形するようになります。

骨棘(こつきょく)や巨大な骨のう胞(こつのうほう)も多数見られるようになります。激しい痛みに覆われますが、人によっては変形が進行して関節が動かなくなり、痛みを感じなくなる場合があります。

末期患者が貧乏ゆすりで軟骨再生&激痛解消

高齢者のための幅広い健康を取り扱う雑誌『健康365』の第12巻10号の柳川リハビリテーション病院の井上明生名誉院長の寄稿によると、末期の患者の痛みが解消し、人工関節の導入を回避できた事例が数多く紹介されています。

貧乏ゆすりは、股関節のすき間を広げて、長期的に変形性股関節症の症状を改善させてくれます。手術のみを勧めてくる病院もありますが、貧乏ゆすりを自動で起こしてくれるマシーンを使った保存療法もぜひ、視野の1つに入れてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です