FAIとは?股関節で起こる挟み込み症状について

FAIとは股関節で起こる股関節に骨のトゲや出っ張りができた症状

FAIには3つのタイプがある

FAIとは股関節で起こる挟み込み(インピジメント)のことです。挟み込みと言われてもピンと来ない方も多いかもしれません。まずは、図を以下の見て下さい。

正常な股関節

上記が正常な股関節です。次に、FAIの「pricer type」のイラストです。

FAI princer type

寛骨臼(かんこつきゅう)の方に、骨のトゲがあります。正式には骨棘(こつきょく)と言います。

FAI CAM type

CAM typeは、大腿骨頚部(だいたいこつけいぶ)に出っ張りがあるタイプです。

FAI mix type

pricer typeとCAM typeの両方を備えたタイプになります。FAI及び同義のインピンジメントは、寛骨臼と大腿骨頚部の間に股関節唇や軟骨の軟部組織が挟み込まれることを言います。

実際、股関節は上記のようになっているので、先ほどのpricer typeやCAM typeのトゲや出っ張りが軟部組織が挟み込まれるのが理解できるかと思います。

FAIは変形性股関節症につながる

インピジメントを繰り返すと…

FAIは繰り返すと、関節唇損傷や軟骨損傷を引き起こし、一部は変形性股関節症へつながっていくこともあります。なので、FAIの症状や徴候があるうちに治療ができていれば、変形性股関節症へと移行していく可能性を減らせるとも言えます。

FAIの診断方法

FAIはどうやって分かるの?

FAI(インピジメント)の診断には

  • 問診
  • レントゲン撮影
  • 関節可動域検査
  • インピジメント誘発テスト
  • MRI検査

などが行われます。その中でも、前方インピジメントテストでは、股関節を屈曲、内転、内旋したときに、痛みが出現したときに陽性になります。このことは、「前がつまる」という表現で言われることが多いです。

また、仰向けに寝て、あぐらをかくように膝を外に倒すテストもよく用いられます。テストが陽性の場合は、より正確な診断を出すために、MRI検査などの精密検査も行い、FAIかどうか総合的に判断されていきます。

FAIは必ず股関節の専門医に

FAIの知識は深めても判断はお医者さんに委ねよう

FAIテストは気軽にセルフチェックしようと思えばできますが、FAIの診断は、正常の股関節との違いを見極める知識や経験が必要になります。必ず、股関節の専門医に診察してもらうようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です