股関節の痛みとグルコサミンの効果

軟骨にとってのグルコサミンとは

軟骨サポートにはなぜグルコサミンが良いと言われるのか?

グルコサミンのサプリメントはテレビやネットショッピングでよく目にする方も多いと思います。関節の軟骨は…

  • 80%近い水分
  • コラーゲン
  • プロテオグリカン
  • わずかな軟骨細胞

で構成されています。プロテオグリカンの「プロテオは、プロテインのつまりタンパク質、「グリカン」は多糖類を指します。プロテオグリカンが大量の水を保持して、ゲル状の物質となり、コラーゲンが軟骨の形を維持します。

プロテオグリカンはとても長い羽根のような構造をしていて、その羽根に水分を蓄えることができます。羽根の芯にあたるコアとなるタンパクに多数の糖類が羽毛のように結合します。

この糖類がグルコサミノグリカンと呼ばれ、そのグルコサミノグリカンの主要成分がグルコサミンとなります。だからこそ、グルコサミンと摂ると、軟骨が治ると言われているのです。

グルコサミンは腸管からは吸収されない

よってサプリを飲んでもグルコサミンは吸収できない

グルコサミンはアミノ酸や糖といった、より小さな物質に分解されないと腸管からは吸収されません。吸収されたアミノ酸は血液を通って運ばれますが、軟骨にすべて運ばれるわけではありません。

たとえ、一部のアミノ酸や糖が軟骨に運ばれても、すでにグルコサミンとは違う物質になっているので、軟骨の成分になるとは言い難い部分があります、

グルコサミンは飲んで良くなるのはプラセボ効果の可能性が大きい

グルコサミンの軟骨修復効果は期待できない

プラセボ効果とは、「薬を摂取した事実」が精神的に良い影響をもたらし、その精神面が健康を改善するような効果を言います。なんにしろ、良くなったのであれば、喜ばしいことです。

また、グルコサミン摂取をきっかけに、別の健康面にも目を向け、総合的に健康面が向上した結果、股関節の状態が良くなることもしばしばあります。グルコサミンを飲むことで、痛みがましになったと思い込み、活動量が増え、股関節まわりの筋力や柔軟性が向上したかもしれません。

国立健康・栄養研究所 食品保健機能研究部部長の千葉剛博士は、『Newton 最新科学にもとづく 食と健康の正しい知識』の「関節の痛みに「グルコサミン」は効くのか?」という特集に対して、

「ほかの食べ物よりは体内で軟骨の材料になりやすいという程度で、効果はあったとしてもわずかだと考えられています。「軟骨がすり減ってしまうのは、軟骨成分が分解される速さに対して、そもそも再生する能力が弱って追いつかなくなっているからです。原料だけ入れても、そう簡単には元どおりになりません」」

といったように述べています。グルコサミンに過度な期待をするのは、どうも良くなさそうですよね。グルコサミンを飲んでも、イマイチだという方は、別の対策を医師と相談してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です