股関節痛と膝関節の痛みの関係性

股関節に問題があると、膝の関節も悪化する

股関節と膝関節は連動している

股関節と膝関節には密接な関係があります。なぜなら、両者の関節の間には、両方の関節に関わっている筋肉がたくさんあります。2つの関節に関わっている筋肉は「二関節筋」と呼ばれています。

股関節と肘関節は運命共同体と言っても良いでしょう。二関節筋の働きから、股関節と肘関節の動きは連動することが多いので、股関節に問題があると、股関節そのものだけでなく、膝関節の動きも悪化して、膝痛の原因になることがあります。

左右の脚長差やO脚による膝関節痛

股関節の不具合が膝関節の痛みをもたらす

先天性股関節脱臼や変形性股関節症では、脚長差が生じることがあります。脚長差とは、左右の脚の長さが異なることを言います。股関節疾患を抱えている人は、腸骨(ちょうこつ)の上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)から脛骨(けいこつ)の内くるぶしまでを測るSMDという手法がよく用いられます。

脚の長さ生じると、骨盤のゆがみが起こります。すると、下半身の形状が崩れ、O脚やX脚という体格になってしまいます。

O脚やX脚になると、歩行や走行の際に、地面に対して、関節が不自然に打ち込まれていくので、膝関節が痛くなります。

膝関節をかばっても股関節が痛くなる

股関節と股関節は常に相互作用する

膝関節に痛みがある場合、良くない姿勢や強い負荷があかかると、膝の痛みをかばおうとして、股関節に痛みを作り出してしまうことがあります。

股関節の痛みの際は、膝関節にも注目しよう

1箇所の痛みの裏には別の箇所との関りが隠されている

股関節はあらゆる日常の動きの主体となる関節ですが、膝関節もまた、人間のもっとも根本的な移動に欠かせない関節です。そして、両方の関節の動きの多くは連動します。
股関節が痛いかrといって股関節ばかりの治療に注目するのではなく、肘関節をはじめとした他の箇所にも注意を注ぐようにしましょう。これは、他の怪我や病気でも同様です。

逆に言えば、1つの箇所を治そうとするときは、総合的に自分の体が改善できるチャンスなのです。1つの箇所の治療に取り組むことが、全体の健康を底上げするチャンスだと思い、治療にじっくりと向き合ってみると、とても健やかな未来が待っているはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です